アフィリエイト収入
アフィリエイト比較・ネットで稼ぐ収入
HOME
アフィリエイト比較
ブログでアフィリエイト
アフィリエイトのコツ
アクセスアップ方法
アフィリエイトとは
アフィリエイトとは
アフィリエイトの報酬
アフィリエイト用語
アフィリエイトのコツ
アフィリエイトの準備
ASP登録と審査
広告の選択・掲載
売上収入と支払い
アフィリエイトと税金
ネットで稼ぐ
アンケートで稼ぐ
ブログで稼ぐ
HPを見て稼ぐ
女性限定で稼ぐ
その他
LINK
アフィリエイトLink

アフィリエイト用語
ASP(Affiliate Service Provider)
広告主(スポンサー)とホームページやブログの運営者の間でアフィリエイトの運営代行サービスを行う業者のことをいいます。具体的には契約作業の簡素化、広告審査の代行、広告の配信、広告のクリック数や商品の購入など報酬の基礎となるデータの収集、報酬の支払い代行などを行います。

CPC(Cost Per Click)
本来は1クリックに掛かるコストの事です。実際にはクリック単価として使われCPCが10円という場合は1クリックにつき10円支払われます。

CPM(Cost Per Mille)
ホームページやブログで広告を1000回表示した時に掛かるコストの事です。実際にはページビュー単価として使われCPMが10円という場合は1000回表示されると10円支払われます。

PPC(Pay Per Click)広告
ペイ・パークリック広告ともいわれバナー広告などをクリックした時に課金される広告です。代表的なものとしてはオーバーチュア広告、アドワーズ広告、ルックスマート広告などがあります。

SSL(Secure Socket Layer)
名前、住所、カード番号などプライバシー情報を、暗号化して送受信するプロトコル(通信規約)のことです。ベリサインをはじめいろいろなSSLサービスがあります。

アフィリエイト
アフィリエイトとは「提携」という意味です。実際にはアフィリエイトをしているサイトやアフィリエイトプログラムのことを指す場合もあります。

アフィリエイトサイト
広告主と提携・契約して広告を掲載しているホームページやブログのことをいいます。

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)

広告主(スポンサー)とホームページやブログの運営者の間でアフィリエイトの運営代行サービスを行う業者のことをいいます。具体的には契約作業の簡素化、広告審査の代行、広告の配信、広告のクリック数や商品の購入など報酬の基礎となるデータの収集、報酬の支払い代行などを行います。

アフィリエイトプログラム
企業などの広告を自分の運営するホームページやブログに掲載する時の契約内容のことです。具体的には掲載できる広告の種類、方法や報酬が発生する時の条件や金額などを定めたものです。

クリック保障型広告
ホームページやブログに掲載されたバナーやテキスト広告がクリックされた回数により報酬が支払われる仕組みです。CPCと同じでクリック保障型で1クリック10円という場合は1クリックにつき10円支払われます。

商品リンク
広告主のサイトの中にある商品ページに直接、広告のためのリンクをはれる機能です。広告主によってはページ内の画像の使用を許可しているところもあります。

成功報酬型広告
ホームページやブログに掲載した広告を経由して、商品やサービスを購入したり、会員登録などを行ったことにより報酬が支払われます。

テキスト広告
テキスト(文書)だけで作られた広告です。

バナー広告
アニメーションや写真などで作成されたバナーを使用した広告です。

表示回数型広告
ホームページやブログに掲載された広告が表示された回数により報酬が支払われる仕組みの広告です。CPMと同じで1000回につき10円という場合は1000回表示されると10円支払われます。

マーチャント
本来は商品の販売やサービスなどを行っているサイトのことです。実際には広告主という意味で使われています。

リスティング広告
Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで指定したキーワードの検索画面に表示される広告です。広告主が事前に指定したキーワードやURLでの検索時にのみ表示されるため、ターゲットとするユーザーに広告を見せることができ費用対効果が高いといわれます。

リンクスタッフ
アフィリエイトサービスプロバイダを通さず、直接広告主と契約するものです。アフィリエイトサービスプロバイダによる中間マージンがないので報酬は高くなるのが特徴です。単独アフィリエイトと呼ばれる場合もあります。

リード型成功報酬
成功報酬型広告のひとつです。ホームページやブログに掲載した広告経由で、会員登録やアンケート回答などを行った場合に報酬が支払われます。


アフィリエイト用語