アフィリエイト収入
アフィリエイト比較・ネットで稼ぐ方法
アフィリエイトならリンクシェア
HOME
アフィリエイト比較
ブログでアフィリエイト
アフィリエイトのコツ
アクセスアップ方法
アフィリエイトとは
アフィリエイトとは
アフィリエイトの報酬
アフィリエイト用語
アフィリエイトのコツ
アフィリエイトの準備
ASP登録と審査
広告の選択・掲載
売上収入と支払い
アフィリエイトと税金
ネットで稼ぐ
アンケートで稼ぐ
ブログで稼ぐ
HPを見て稼ぐ
女性限定で稼ぐ
その他
LINK
アフィリエイトLink

広告を選ぶ
アフィリエイトの会員登録が終了したら、いよいよホームページやブログに貼る広告の選択作業です。たくさんのスポンサーや広告から自分のサイトにあったところを探すのは大変ですが、どのASPもカテゴリや報酬などの条件などから検索できるツールを用意しているので便利です。
いろいろと広告を見ていると「どうせ広告を貼るなら成果報酬の高いものを」と思いますが、あくまでもサイトの内容にあった広告でなければいけません。ちなみに旅行サイトに報酬の良い「消費者金融」のバナー広告を貼ってみましたが、クリック率は0.1%(1000回表示されて1回クリック)以下で、もちろん成果報酬もありませんでした。
また広告(アフィリエイトプログラム)の画面では報酬金額の他に、報酬が支払われる条件やスポンサー企業、キャンペーンの説明、バナー広告やテキスト広告のサンプルが確認することができます。

スポンサーとの広告契約の申請
ホームページやブログに貼りたい広告を決めたら、スポンサーに対して契約の申請を行います。手続きはとても簡単で画面の契約ボタンをクリックするだけで済みます。スポンサーと契約を解約する場合も同じで解約のボタンをクリックすれば解約することができます。

スポンサーの審査
スポンサーによって契約の申請をした時点ですぐに契約(自動承認)する場合と、サイトの内容を審査してから契約するところがあります。これは企業のイメージにふさわしくないようなサイトにバナー広告などが出てしまうと、かえってマイナスイメージになることを避けるためです。
スポンサーによる承認の可否は2〜3日後にメールやASPのページに返事が返ってきます。中には返事を1ヶ月たっても返してこないスポンサーもいますが、こういうところとはかえって契約を結ばないほうが無難です。

広告の掲載
スポンサーの審査が通るとホームページやブログに広告を貼り付けるための「リンクコード」が作れるようになります。複数サイトの登録をしている場合は必ず、サイトにあったリンクコードを作成しなければなりません。サイトの指定を間違えてしまうと報酬が発生しなくなってしまいます。またASPに申請していないサイトにリンクコードを貼っても報酬は発生しません。

アフィリエイト比較 広告を選ぶ